ノアで☆13アマデウスを回る上で個人的に気をつけている5つのポイント

地獄極楽アマデウス

相変わらず協力☆12と☆13にハマってます。ムズイ…タノシィ…

しかし、最近全力でハマっていた茶熊マールちゃんは全然使わなくなりました。マールちゃんを新協力で使いこなすのは私には難しい模様…orz

では新協力で何を使っているのかというと、主にノアです。ノアといえば言わずと知れた超絶ぶっ壊れキャラなのですが、☆12以降のクエストだと一瞬の油断で床食わされます。全くもって、タノシイィィ…

今回は「地獄極楽アマデウス」をノアで回る上で、個人的に気をつけている点を紹介します。

1. パーティーにノアは1人まで

地獄極楽アマデウスでは大量の羅刹武者が発生しますが、打属性が通らない羅刹武者をノアで倒していると日が暮れます。基本的にノアの出番は最後のクジャタまでありません。よって、ノアはパーティーに一人いれば充分です。

なので、パーティー内でノアが被ったら素直にキャラを変えるか、退出するようにしています。

2. 羅刹武者は他の方に任せる

ノアは羅刹武者を殴っても微々たるダメージしか入らないので、羅刹武者とはなるべく対峙しないようにしています。うっかりタゲを取ってしまった場合、他のキャラに攻撃が行かない方向に誘導し、イサミ先生やら愛しのネモ様やらお団子仮面が助けに来てくれるのを待ってます。

特に1面ではこれ大事です。下手に武者の周りをくるくる回って敵の攻撃を散らしたり、叩きに行ってうっかり被弾してペロる位なら逃げてる方がよっぽどマシかなと。

3. 羅刹武者以外の敵は全て俺のもの

厳密には「全て俺のもの」すると「SP回収できねぇよ」と怒られるのでダメですが、羅刹武者以外の面臭い敵はノアが仕留めるのです、くらいの心意気で行きましょう。

1面ではアクーアやサソリの処理がメインタスクで、2面は事故率の高いミノ処理がメインでしょうか。3面はクジャタ出るまでマンドラゴラを丁寧に引っこ抜いたり、やっぱりミノ処理してたり。地味ですね。

4. 羅刹武者処理班が手こずってたら他の羅刹武者を足止めする

基本的には羅刹武者は他の方任せで良いと思いますが、事故が多いこのクエスト、武者処理班の頭数が減ったり、回復のために一時戦線離脱することもあります。

そんな時、既にミノ等の処理が終わっている場合は、武者処理班が対処できてない羅刹武者の足止めに向かいます。足止めと言ってもスロウや感電が通る訳ではないので、S2で怯ませてSP回収してS2で怯ませて…を延々繰り返して羅刹武者の攻撃回数を減らしてます。

相変わらず地味です。

ちなみに、この作業は失敗すると床オイシィィィするので、諸々の調子が良い時しか挑戦してません。

5. ようやく出番!クジャタふおおおおお!

ここまで地味な作業に徹していましたが、クジャタが来たらノアの出番なのです!

相手の動きに合わせてS2をぶち込みます!ぶち込みます!ぶち込みます!!!

ノア使っても硬いよクジャタさん…。

ノア以外のキャラでも回りたい…

ノアというぶっ壊れキャラがサポートに徹するのもある意味楽しいですが、なんかこう、爽快感が無いんですよね…。

羅刹武者を瞬殺するイサミ先生がかっこ良すぎるので、ウチの島にも御降臨なさってくださいませんでしょうか。2面で扉を一瞬で開けてくれるのが(ノアの存在意義を忘れるレベルで)助かります。

GWに限定キャラ来る疑惑もありますが、ジュエルもいつの間にか1,000個貯まってたしイクラ組ガチャ引いちゃおうかな…。

シェアする

投稿者: コメダワラ

白猫プロジェクト民。至って一般的なPSの持ち主。無課金原理主義者。おっさん。

コメント 2 件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。