白猫プロジェクトプレイヤーが抱く白猫テニスに対する一抹の不安

白猫テニス

本日のニコ生にて白猫テニスの実機によるプレイが確認できましたね。

タウンやソウルボードのやりこみ要素に、可愛いSDや見た目が変わる装備といったアバター要素に、スタミナ不足によるキャラチェンジ強制等の戦略が必要になるゲーム性と、普通に楽しそうでした。

基本的には楽しそうなゲームであり「リリースはよ!」と思いますが、やや不安に思う点もあるので書いてみます。

泥勢でも大丈夫か?

白猫プロジェクトにおいては、andoroidの利用者(泥勢)がiOS系のデバイスの利用者に比べて重い操作を強いられているのが現状です。

白猫テニスはプレイヤー同士の対戦ゲームなので、端末の性能差によって勝負にならない状態になると興ざめですね。カクカクした所為で負けた場合はフラストレーションが相当なものになるでしょうし、利用者がすごい勢いで離れていきそうで心配です。

ちなみに、ニコ生ではiPhone 6(たぶん)を使ってプレイしていましたが、全ての動作がかなり快適に動いていました。重くてプレイにならない対戦ゲームが売れるはず無いので、色々と対策を講じてくれたのでしょうか。期待してみます。

余談

余談ですが、某有名FPSはPCの性能が勝敗に影響するため、ガチ勢はPC及び周辺機器に資産を投入するのが通例となっています。

勝利のために手段を選ばない姿勢は嫌いじゃないですが、白猫テニスでは「最新型スマホ以外お断り」状態になって欲しくないなぁ。

札束での殴り合いにならないか?

閑話休題。

各種ソーシャルゲームでは札束での殴り合い、つまり、重課金者が無課金者に比べて著しく有利になってしまう状況が発生していますが、白猫テニスでもこうなってしまうことを心配しています。

勿論、お金を払った方が全く有利にならないのはどうかと思いますが、無課金者でもPS次第では勝ち目があるゲームバランスであってほしいです。その方がゲームとして面白いと思いますし、何より、課金しないと勝ち目がないなら私はそっと引退します。

この辺りは運営によるゲームバランス調整の手腕が問われるところですが、果たしてどうなることでしょうか。最近の白猫プロジェクトを見ている感じだと若干不安です…。

賞品が出るような大会を開く場合、利用不可キャラを設定するとか、特定キャラのみで出場可能とか、そういう制限を設けて欲しいところですね。

リリース待機

「みんなのテニス」やら「マリオテニス」をやったことがある人なら分かると思いますが、テニスゲームは単純かつ奥深いゲーム性がある為、テニスに興味が無い初見の人でもやってみると楽しいし、じっくりやり込んでも楽しいんですよね。

そんな鉄板ゲームに白猫プロジェクトのキャラをぶち込んできたわけですから、何というか上手いことやってるなぁという印象です。これが「ぷにコンテニス」だったら、自分は興味すら持っていなかったと思います。

ともかく、リリースを座して待ちましょう。

シェアする

投稿者: コメダワラ

白猫プロジェクト民。至って一般的なPSの持ち主。無課金原理主義者。おっさん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。