虹翼のルーン集めるなら協力☆11でいいよねという結論に

狩るモノと狩られるモノ

最近、ネット上の知り合いと白猫をプレイする機会が増えたおっさんです。昔とあるゲームで知り合った人々が白猫勢である事が判明し、外部チャット設けて一緒に遊んでいます。

先日も虹翼のルーン集め兼キャラバンのルーン集めをするため、知り合い4人で相互プレイをしておりました。クエストは噂のヴァリアント協力の☆13「よみがえる邪悪の化身」です。

メンバーは全員パルメは疎かエイジも持っていない引き弱勢。パルメが居ないのでPT構成には工夫が必要になるのですが、その辺りもチャットしながら各々の手持ちキャラと相談しつつ決められるので良いですね。

床を舐めたら「嫌な事件だったね…」と自虐してみたり、リンデでバンザイを決めたら「飛べそうでwww飛べないwwww」とか、なんかこう、会話って楽しい^q^

楽しい事とクリアできる事に相関性は無い

当然ですが、楽しくプレイ出来るから☆13を余裕でクリア出来るんだぜ、ということにはなりません。むしろ惨敗。記憶にある限りの系譜を並べてみます。

ノア 茶エクセリア 茶マール 茶ツキミ で挑んでみた

とりあえず初回なので様子見。各々好きなキャラで挑みます。

茶マールの方が実は茶マールに慣れておらず即ペロ。茶マールは即死級の攻撃が飛んで来るクエだと難しいのよね。

茶ツキミもラスト沸きでペロ。

残る二人でアノマリーなんちゃらを倒そうとしたものの、発狂モードが突破できずに終了。発狂モードにさせないために二体同時に倒せれば良いのだけど、調整がこれまた難しい。

ノア 茶エクセリア 茶ミレイユ 茶ツキミ で挑んでみた

ミレイユの復活便利だなぁーとか思ってたらみんなペロってました。あれぇ^p^

ノア 茶エクセリア 茶バイパー 茶ツキミ で挑んでみた

みんな仲良く床ペロ。やっぱり突属性は厳しいよね、と言う結論に。

コッペリア ノア 茶ゲオルグ 茶カスミ で挑んでみた

この辺からちゃんと役割分担をし始めます。

タゲ取り兼ヒーラーのコッペリア、ヒーラー兼ビースト担当の茶カスミ、凶滅マンティコア瞬殺のノア、オールラウンダー気味な茶ゲオルグ。良い編成。しばらくこの編成で挑み続けますが。

  1. かなりのPSの持ち主であるノアが謎の即ペロ。やり直し。
  2. タゲ取りコッペリア(自分)、掴みをガードし忘れてペロ。壊滅。
  3. ノアだけ生き残るもやっぱりアノマリービーストを同時に倒せず終了。
  4. 回線切れた。あれぇ。

クリアできませんでした(´・ω:;.:…

リンデ ノア 茶カスミ エイジ で挑んでみた

ここで茶ゲオルグ担当が寝落ちします。

流石に1回もクリアできないのは悔しいので、ランマチで1人募集して☆13を続行することに。ランマチで参戦してくれた方はこちらの編成を見て茶フラン→エイジにキャラ変更。バランスが良いパーティーになりました。これは期待できそうだ。

ちなみに、私は気分でコッペリアからリンデにキャラ変更しました。完全に使ってみたかっただけですごめんなさい。

リンデはリジェネと復活バフを撒きつつタゲを取り、ノアはきちんと凶滅マンティを瞬殺し、茶スミも完璧な置きヒールをこなし、エイジもアノマリービースト2体を丁寧に処置。

これぞ協力!と言う感じでクリアできました。茶スミGJ!そしてエイジの人上手かった。

ところでルーン集まってないんだけどw

達成感に浸っているところで、ノアの人が現実に気付きます。

「ところでルーン集まってないんだけどw」

☆13の勝率は1割程度だったので、素直に☆11の「狩るモノと狩られるモノ」を周回することになりました。

そしたらもう、これがヌルすぎて、なんかもうアレだよ、アレ。なんすかこの難易度差は。

勿論☆11ということもあって油断したら普通に即死するレベルには難しいのですが、先程まで☆13に挑み続けていた猛者共に隙は無いのです。

尚、某おっさんは2回ほど開幕で即死した模様。

「油断も、隙も、あるんだよ」

虹翼のルーン集めするなら☆11でOK

ということで、虹翼のルーン集めは☆11で充分でした。各ルーンの取得数は半減しますが、☆13の突破率を考えると☆11の方が高効率であることは明らか。無理するのは止めましょう。

☆13はガチ勢で周回か、あるいは高難度を楽しみたい人同士でやるのが良いですね。私は知り合い同士で挑んでボコボコにされるのがタノシィ…からまたヤロウヨォ…すると思います。

シェアする

投稿者: コメダワラ

白猫プロジェクト民。至って一般的なPSの持ち主。無課金原理主義者。おっさん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。